Python3.6ビルドとvenv環境構築

はじめに

 Python3.6のビルドとインストール、venv環境の構築手順を紹介します。デフォルトでインストールされている Pythonに影響を与えないよう、任意の場所(/opt/python36 や ~/opt/python36など)にPython3.6をインストールします。このPython3.6を使って、venv環境を構築できるようにします。

Python3.6インストール手順

ビルド環境構築

 下記コマンドを実行して、Python3.6をビルドできるようにします。

$ sudo yum groupinstall 'Development tools'
$ sudo yum install openssl-devel sqlite-devel

ソースコードダウンロード

 下記コマンドを実行して、Python3.6のソースコードをダウンロードします。

$ mkdir -p ~/src
$ curl -L https://www.python.org/ftp/python/3.6.2/Python-3.6.2.tar.xz \
       -o ~/src/Python-3.6.2.tar.xz

ビルド

 下記コマンドを実行して、Python3.6をビルドします。インストール先は–prefixで指定します。この場合、/opt/python3.6にインストールすることになります。

$ cd ~/src/
$ tar fx Python-3.6.2.tar.xz
$ cd Python-3.6.2

$ ./configure \
    --prefix=/opt/python3.6 \
    --with-threads \
    --enable-optimizations
$ make

インストール

 下記コマンドを実行して、Python3.6をインストールします。ユーザー権限で書き込みできるディレクトリにインストールする場合は、sudoを付けずに実行してください。sudoを付けてしまうと、更新作業などを実施する際、ユーザー権限で操作できなくなります。

$ cd ~/src/Python-3.6.2
$ sudo make altinstall

venv環境構築手順

venv環境作成

 下記コマンドを実行して、Python3.6のvenv環境を作成します。python3.6コマンドは先の手順でインストールしたPython3.6のインストール先にあるものを指定します。venv環境について、ここでは名前をvenv36としてホームディレクトリ直下に作成していますが、わかりやすい任意の名称、任意のディレクトリに作成することができます。

$ cd ~/.
$ /opt/python3.6/bin/python3.6 -m venv venv36

venv環境有効化

 下記コマンドを実行して、venv環境を有効化します。venv環境が有効になると、プロンプトに (venv36)が明示されるようになります。この状態でpipコマンドなどでパッケージをインストールすると、このvenv環境内でのみ有効なパッケージとしてインストールされます。OS標準の環境や、他のvenv環境には影響を与えません。

$ source ~/venv36/bin/activate
(venv36)$ pip install <パッケージ名>
(venv36)$ python -V
Python 3.6.2

venv環境無効化

 下記コマンドを実行して、venv環境から抜けることができます。venv環境名である(venv36)が表示されなくなり、venv環境から抜けたことが確認できます。

(venv36) $ deactivate
$ python -V
Python 2.7.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。