DTI VPS 初期設定

はじめに

 DTI VPS の初期設定では、root アカウントにパスワードでリモートログインできるため、下記 3 点をセキュリティ対策として実施したいと思います。

  • リモートログインができる作業用の一般ユーザーを作成して、パスワードではなく SSH Key を使ったログインにする
  • root でのリモートログインを禁止する
  • SSHサーバーのポート番号を変更する

SSH サーバー設定調整

 root で直接ログインさせないようにするかわりに、root と同等の権限を持つ wheel グループに属する一般ユーザーを作成します。また、パスワードでのログインを禁止し、SSH Key のログインを必須とするよう設定します。

wheelグループに属する一般ユーザーの作成

# useradd user1 -G wheel
# sudo su - user1
$ ssh-keygen
(Enterキーを何度か押下して完了する。秘密鍵にパスワードを設定する場合はここで入力する)

$ cat ~/.ssh/id_rsa
(この文字列(秘密鍵)をローカルPCに id_rsa-server などと名前をつけたファイルとして保存する)
$ cp ~/.ssh/id_rsa.pub ~/.ssh/authorized_keys
(SSH サーバーに、この公開鍵と対になる秘密鍵からのログインを受け入れるよう、authorized_keys に登録する)

$ rm ~/.ssh/id_rsa
(秘密鍵はサーバーから削除しておく)

$ logout

ログイン動作確認

 ここで、一度一般ユーザー user1 でログインしてみます。

ID: user1
SSH Key: 先ほど作成した id_rsa ファイル

SSH サーバー設定調整

 root での直接ログインを禁止し、またパスワードでの認証も無効にします。SSH ポート番号も初期のものから変更して、ボットなどによるログインチャレンジの頻度を下げます。

# cp /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config.org
# vi /etc/ssh/sshd_config
# diff /etc/ssh/sshd_config.org /etc/ssh/sshd_config

17c17
< Port 3843
---
> Port 13843
48c48
< #PermitRootLogin yes
---
> PermitRootLogin no
78c78
< PasswordAuthentication yes
---
> PasswordAuthentication no

ログイン動作確認

 root でログインできなくなった事を確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください