RedHat系Linux、Debian系Linux のパッケージ管理コマンドメモ

はじめに

 私は普段、Web アプリ開発では RedHat系Linux のうちの1つ、CentOSを使用しています。
 これに加えてマルチメディア関連の処理を Debian系Linux のうちの1つ、Ubuntuで実行したりもします。
 つい、どれがどのコマンドだったっけ、と混乱することがありますので、ここにメモしておきます。

用途とコマンド一覧

用途 root権限 RedHat系 Debian系
環境のクリア yum clean all apt-get clean
パッケージインストール yum install package-name apt-get install package-name
パッケージアップデート yum update [package-name] apt-get upgrade [package-name]
パッケージ削除 yum remove package-name apt-get remove package-name
パッケージ一覧表示 不要 yum list apt-cache search .
※ 最新のファイルリストを取得するには
事前に apt-get update (要 root 権限) の
実行が必要
インストール済パッケージ一覧表示 不要 rpm -qa dpkg -l
パッケージ内のファイル一覧表示 不要 repoquery -l package-name
※ repoquery を使用するには yum-utils
パッケージのインストールが必要
(不明)
インストール済パッケージ内の
ファイル一覧表示
不要 rpm -qs package-name dpkg -L package-name
インストール済ファイルからの
インストール元パッケージ表示
不要 rpm -qf /path/to/file dpkg -S /path/to/file

※ [package-name] は省略できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください