タグ別アーカイブ: 構築手順

AmazonLinuxでデフォルトで使えるpython36-virtualenvパッケージを使ったPython3.6 venv環境の構築

はじめに

 この投稿では、表題のとおり、AmazonLinuxでデフォルトで使えるpython36-virtualenvパッケージを使ったPython3.6 venv環境を構築します。
 こちらの投稿では、Pythonの任意のバージョンのソースコードからビルドしてインストールする方法を紹介しました。しかし、ライブラリのインストールなどビルド環境の構築が必要であり、比較的煩雑な手順となります。
 今回、AmazonLinuxで用意されているパッケージを利用することで、Python3.6のvenvが使えるようになるまでの手数を減らしたいと思います。

続きを読む

CentOS7にRedmineをインストールする

はじめに

 今回、WebサーバーにNginxを、アプリケーションサーバーにunicorn(+ Ruby on Rails + Redmine)を、データベースサーバーにMariaDBをそれぞれ採用して、CentOS7のインストールイメージminimalを使って構築したいと思います。
 なお、アプリケーションサーバーの部分についてはWebサーバーやデータベースサーバーと同様に、systemctlコマンドで起動や停止ができるようにします。

続きを読む

Python3.6ビルドとvenv環境構築

はじめに

 Python3.6のビルドとインストール、venv環境の構築手順を紹介します。デフォルトでインストールされている Pythonに影響を与えないよう、任意の場所(/opt/python36 や ~/opt/python36など)にPython3.6をインストールします。このPython3.6を使って、venv環境を構築できるようにします。

続きを読む

nコマンドによる任意のバージョンのnodejsのインストール

はじめに

 nodejsの開発環境を構築する際、OS標準パッケージとしてnodejsが用意されているのはいいものの、バージョンが古かったり特定のバージョンに変更したかったりとかゆいところに手が届かないことがあります。
 そこで、npmコマンドでnパッケージをインストールして、目的のバージョンのnodejs開発環境を構築できるようにします。
 nパッケージのインストールはOS標準パッケージでインストールしたnpmコマンドで実施します。後に、nコマンドにより目的のバージョンのnodejsに切り替えます。nコマンドによりnodejsのバージョンが管理できるようになれば、OS標準パッケージのnodejsは削除することができます。OS標準パッケージのnodejsとnコマンドによりインストールしたnodejsの競合を防ぐため、OS標準パッケージのnodejsは削除しました。

続きを読む

gitoliteでプライベートGitサーバーを構築する

はじめに

 個人でプライベートに使用するためのGitサーバーをAmazonLinux(EC2)に構築してみました。Gitサーバーにはgitoliteを採用しました。
 ( 参考: https://github.com/sitaramc/gitolite )
 
 Gitリポジトリの管理は管理用リポジトリgitolite-adminにリポジトリ設定ファイル(リポジトリ名やアクセスできるユーザーの対応付け)やユーザー鍵(ユーザー毎のSSH公開鍵)を作成・更新・削除することで対応します。

続きを読む

機械学習のためのPython実行環境構築

はじめに

 機械学習のための基礎知識や簡単な分析、実験をするにあたり、数値計算ライブラリやニューラルネットワークフレームワークなどを利用したいのですが、このあたりのライブラリが充実しており、またソースコードが見やすい(疑似コードに似ている)という点でPythonを選びました。
 今回、手を動かしながらデータ操作、グラフへのプロットなどを進められるよう、Ubuntu14.04LTS GUI環境でのインストール手順をまとめました。

続きを読む

PHP-FPM をインストールする

はじめに

 PHP で開発された Web アプリを、Web サーバーとは別のサービスとして実行できるようにします。Web サーバーと分離する利点は、Apache や Nginx など、Web サーバーの種類に依存しないで実行できるようになる点、Web サーバーが稼働するホストとは別に、例えばアプリケーションサーバーとして別のホストに分散して構築できるようになる点などが挙げられます。
 今回、AWS EC2 Amazon Linux で稼働するホストで Nginx 向けに PHP-FPM をインストールする手順を紹介します。Nginx の設定ファイルのサンプルについてはこちらの投稿を参照してください。

続きを読む

Nginx に uWSGI + Django アプリ を組み込む

はじめに

 Django アプリを uWSGI でサービスとして起動して、Nginx でアクセスできるようにする手順をまとめました。
 Nginx のインストールはこちらの投稿を、Python の venv 環境を構築できるようにする手順はこちらの投稿を参照してください。
 なお、Linux ユーザーはホストの設定を操作する、wheel グループに属するユーザー user1 と、Webアプリケーションを管理する、nginx グループに属するユーザー webmaster の 2 つのアカウントを切り替えながら作業を進めます。これらのユーザーは下記コマンドで登録済みであるものとします。
 ホスト管理者 (user1) の領分と、アプリケーション管理者 (webmaster) の領分について、私なりの切り替え方が参考になれば幸いです。

[root]# useradd user1 -G wheel
[root]# useradd webmaster -g nginx
続きを読む

DTI VPS 初期設定

はじめに

 DTI VPS の初期設定では、root アカウントにパスワードでリモートログインできるため、下記 3 点をセキュリティ対策として実施したいと思います。

  • リモートログインができる作業用の一般ユーザーを作成して、パスワードではなく SSH Key を使ったログインにする
  • root でのリモートログインを禁止する
  • SSHサーバーのポート番号を変更する
続きを読む

Python venv 環境構築

はじめに

 Python でプログラムを作成するとき、あるいはデプロイするとき、プロジェクトに応じて都度外部のパッケージを使用する事が多いと思います。また、1つのホストに複数のプロジェクトをデプロイすることもよくあると思います。ホスト共通の領域に追加のパッケージをインストールしてしまうと、すべてのプロジェクトで同じバージョンのものを使う必要が出てきます。
 このとき問題になるのが、使用したいパッケージのバージョンがプロジェクト毎に異なる場合です。こういうときはプログラム毎に個別のバーチャル環境 venv を用意して、他のプロジェクトとは独立した環境を構築して対応できます。
 今回、デフォルトでインストールされている Python に影響を与えずに、Python 2.7 と Python 3.5、Python3.6 の環境を構築する手順を紹介します。この手順は CentOS5~CentOS7、AmazonLinux 、Ubuntu14.04LTS(Desktop) に適用できます。

2016/09/08 時点の状況
OSデフォルトの Python のバージョン
CentOS52.4.3
CentOS62.6.6
CentOS72.7.5
AmazonLinux(2016.03)2.7.11
Ubuntu14.04LTS(Desktop)2.7.6
Ubuntu16.04LTS(Desktop)2.7.12
続きを読む